おじぎ草ちょっと長い名前ですが正式名称は『きこもりを考える会 ゲートキーパー「おじぎ草」』といいます。

社会問題でありながら表面化しづらく、改善に向けての相談場所も思うようにない現状の中で、今現在ひきこもりの子供を持つ家族が必要にかられ、岡崎市で立ち上げた会です。

理解の難しい「ひきこもり」に向き合うために、ご家族のかたの学習の場や悩みを話せる場所を作りました。

またご本人も、自由に安心して話せる場所を、家族とは別の日に用意しました。

多くの方に、会の周知とともに、ひきこもりの現状を伝え、理解を求めていく機会としてチラシの配布やイベント活動もしています。

会の名称にゲートキーパー(自殺予防支援)とあるのは、代表者が経験してきた社会での生き辛さへの強い思いの中から、心が苦しい、つらいけど誰にも話せないでいる人に、寄り添い、話を聞く。必要があれば、関連窓口を案内するなど、ゲートキーパーとしての想いがあるからです。

 

一緒に活動に参加していただける方も募集しています。ご参加いただける方は、お問合せからご連絡をお願いいたします。

 

平成29年3月に、岡崎市市民活動団体登録を承認されました。ホームページ[http://genki365.net/gnko/customer/okazaki/]をご覧ください。

 

活動場所

月の第3金曜日がご家族、第4金曜日がご本人の日とし、 午後1時~3時(入退室自由)

岡崎げんき館 和室 です。

参加費…第3金曜日100円。(平成29年4月よりご本人の日は不要)
(参加費は、施設利用料などとして利用させていただきます。)

活動場所は変更になる場合があります。サイト内にて開催場所等の連絡をさせていただきますので、ご確認いただくかお問合せ下さい。